HOME > 医療トピックス[全国版] > オンライン診療の現在~広がる可能性と課題

医療トピックス[全国版]

オンライン診療の現在~広がる可能性と課題

医療タイムス 全国版 2018.10.01 No.2369
レポート,特集
今春の診療報酬改定でオンライン診療料が創設された。厚労省によるガイドラインも発表され、「オンライン」が普及するための環境が整ったようにみえる。しかし実際にIOTを活用する医師たちからは制度と臨床の矛盾が多いとの声もある。今夏開かれた日本外来小児科学会では、オンライン診療に取り組む医師らが登壇。その可能性について、これまでの実績から報告があった。

「利便性だけでなく医療者の働き方改革、イノベーションにも応えるツールだ」
厚生労働省医政局医事課 課長補佐 久米 隼人 氏

「乳幼児や障がい児の通院困難ケース 医療の質向上にもつながる」
外房こどもクリニック 院長 黒木 春郎 氏

「オンラインが患者家族のQOL向上 遠隔健康医療相談で子育てを支える」
株式会社Kids Public 橋本 直也 氏

「スマホ2台持ちで、どこでも診察できる IOTを使いこなす医師たち」
東京都医師会理事 目々澤 肇 氏

「オンライン診療に合う精神科と小児科 制度と臨床の矛盾を解消するために」
株式会社メドレー 代表取締役医師 豊田 剛一郎 氏
2369_28P.indd
この記事の完全版は弊社発行媒体に掲載しております。試読・購読をご検討ください。
試読する 最新号から1ヶ月間無料でお届け 購読する 定期購読のお申し込みはこちら
※試読・購読は最新号からとなります。当該の記事につきましては、在庫状況などに応じ、媒体もしくは記事部分のみお届けします。
ページの先頭へ戻る