HOME > 医療トピックス[長野県版] > 「経験することで役に立つ」 諏訪中央、台風災害の派遣隊が報告(10/31)

医療トピックス[長野県版]

「経験することで役に立つ」 諏訪中央、台風災害の派遣隊が報告(10/31)

医療タイムス 長野県版 2019.10.31 
医療ニュース
 台風19号の被災地で、10月15~20日に2回に分けて救護活動していた諏訪中央病院(吉澤徹院長)の医療チームが同30日、同院で活動報告会を行った。派遣隊に参加した総合診療科部長兼救急総合診療センター副センター長の斎藤穣氏は、訓練やマニュアルなどが重要だったとして「多くのスタッフが救護活動を経験することで災害時に役に立つと…【11月1日号タイムスFax】
諏訪中央 台風19号被災地救護報告会
この記事の完全版をお読みになるには、試読・購読の手続きをしていただく必要があります。
試読する 最新号から1ヶ月間無料でお届け 購読する 定期購読のお申し込みはこちら
※試読・購読は最新号からとなります。当該の記事につきましては、在庫状況
 などに応じ、媒体もしくは記事部分のみでのお届けとなります。
ページの先頭へ戻る