HOME > 医療トピックス[長野県版] > 措置入院の「退院支援加算」を算定  こころ駒ケ根、県初のモデルケースに(4/11)

医療トピックス[長野県版]

措置入院の「退院支援加算」を算定  こころ駒ケ根、県初のモデルケースに(4/11)

医療タイムス 長野県版 2019.04.11 
医療ニュース
 精神障害者の退院支援に力を入れてきた県立こころの医療センター駒ケ根(埴原秋児院長)がこのほど、措置入院患者2人の退院に際し「精神科措置入院退院支援加算(600点)」を初めて算定した。退院後の医療などに関する支援計画を自治体が作成する上で、病院と地域の連携・協力体制をどう構築していくか、モデルケースとして…【4月12日号タイムスFax】
この記事の完全版をお読みになるには、試読・購読の手続きをしていただく必要があります。
試読する 最新号から1ヶ月間無料でお届け 購読する 定期購読のお申し込みはこちら
※試読・購読は最新号からとなります。当該の記事につきましては、在庫状況
 などに応じ、媒体もしくは記事部分のみでのお届けとなります。
ページの先頭へ戻る