HOME > 医療トピックス[長野県版] > 透析医療の展望について考える 県透析研究会学術集会(11/5)

医療トピックス[長野県版]

透析医療の展望について考える 県透析研究会学術集会(11/5)

医療タイムス 長野県版 2018.11.05 
医療ニュース
 県透析研究会は4日、第66回学術集会(小林衛会長=長野赤十字病院腎臓内科部長)を長野市の若里市民文化ホールで開いた。今年度のテーマは「透析医療の展望~高齢化する透析患者と今後の課題」。透析治療に従事する県内の医師や看護師、臨床工学士など約700人が参加して、特別講演1題、一般演題45題を聴講し今後の透析医療について考えた。
 小林会長は学術集会後の総括で、透析患者の高齢化によって…【11月6日号タイムスFax】
県透析研究会学術集会 小林会長
この記事の完全版をお読みになるには、試読・購読の手続きをしていただく必要があります。
試読する 最新号から1ヶ月間無料でお届け 購読する 定期購読のお申し込みはこちら
※試読・購読は最新号からとなります。当該の記事につきましては、在庫状況
 などに応じ、媒体もしくは記事部分のみでのお届けとなります。
ページの先頭へ戻る