HOME > 医療トピックス[長野県版] > 「病床削減は病院経営者が将来見据えて」 杉山会長、松本市医師会が総会(6/13)

医療トピックス[長野県版]

「病床削減は病院経営者が将来見据えて」 杉山会長、松本市医師会が総会(6/13)

医療タイムス 長野県版  
ニュース
 松本市医師会(杉山敦会長=杉山外科医院)は9日、松本市内で第72回定時総会を開き、決算・事業報告など原案通り承認した。
 杉山会長は総会後の懇親会であいさつし、地域医療構想で松本医療圏の基準病床数が約280床削減されることに触れ、病床数の削減は慎重にするべきで、病床数の設定については、「病院経営者、管理責任者が将来を慎重に見据えて決定する事項であるという姿勢で松本医療圏地域医療構想調整会議に参画している」と強調した。
松本市医師会総会 杉山会長
この記事の完全版をお読みになるには、試読・購読の手続きをしていただく必要があります。
試読する 最新号から1ヶ月間無料でお届け 購読する 定期購読のお申し込みはこちら
※試読・購読は最新号からとなります。当該の記事につきましては、在庫状況
 などに応じ、媒体もしくは記事部分のみでのお届けとなります。
ページの先頭へ戻る