HOME > 医療トピックス[長野県版] > 飯田下伊那地区初のステントグラフト 飯田市立(2/9)

医療トピックス[長野県版]

飯田下伊那地区初のステントグラフト 飯田市立(2/9)

医療タイムス 長野県版  
ニュース
 飯田市立病院(堀米直人院長)は8日、大動脈瘤の治療法としてステントグラフト内挿術を飯田下伊那地区としては初の5日に実施したと発表した。同院によると患者は、腹部大動脈瘤の80代女性で、術後の経過は良好という。
 
この記事の完全版をお読みになるには、試読・購読の手続きをしていただく必要があります。
試読する 最新号から1ヶ月間無料でお届け 購読する 定期購読のお申し込みはこちら
※試読・購読は最新号からとなります。当該の記事につきましては、在庫状況
 などに応じ、媒体もしくは記事部分のみでのお届けとなります。
ページの先頭へ戻る