HOME > 医療トピックス[全国版] > 橋本市民病院の経営改革 自治体病院の経営改革モデル

医療トピックス[全国版]

橋本市民病院の経営改革 自治体病院の経営改革モデル

医療タイムス 全国版 2018.07.23 No.2360
レポート,特集
現在は岡山市立市民病院の事務局長を務める豊岡宏氏は、2012年3月から公募で和歌山県橋本市の橋本市民病院事務局長に就任。同院の経営改革にらつ腕をふるった。改革では医療の質の改善と経営再建のためさまざまな施策を実行。最初の1年間で4億6000万円の損益改善に成功した。その概要を明らかにする。

【病院の状況】
収益が少なく費用が多いことで構造的な赤字に自治体病院の新しい経営改革モデルを構築

【経営・運営力の増強】
DPC分析に基づく問題点を摘出病院の機能分化を明確に

【改革の流れ】
経営改革がスタートしてからの経緯
2360_28P.indd
この記事の完全版は弊社発行媒体に掲載しております。試読・購読をご検討ください。
試読する 最新号から1ヶ月間無料でお届け 購読する 定期購読のお申し込みはこちら
※試読・購読は最新号からとなります。当該の記事につきましては、在庫状況などに応じ、媒体もしくは記事部分のみお届けします。
ページの先頭へ戻る