HOME > 医療トピックス[全国版] > オンライン診療の胎動 クリニクスサミット2018から

医療トピックス[全国版]

オンライン診療の胎動 クリニクスサミット2018から

医療タイムス 全国版 2018.05.14 No.2350
レポート,特集
厚生労働省は2015年8月に事実上の「遠隔診療解禁通知」を発出。さらには18年度診療報酬改定ではオンライン診療料、オンライン医学管理料が新設された。オンライン診療サプリ「クリニクス」を展開する株式会社メドレーは4月29日、「クリニクスサミット2018」を開催。オンライン診療に先進的に取り組む医療機関が事例を報告した。医師偏在の解消、働き方改革まで見据えたオンライン診療は、国の施策とあいまって確かに動き始めていた。

■あいさつ■
『今回の診療報酬改定でオンライン診療に大きな動き』

 株式会社メドレー 代表取締役医師  豊田剛一郎 氏
 東北大学病院  てんかん科科長・教授 中里信和 氏

■事例報告■
『着実に広がるオンライン診療 
    外来、入院、在宅に続く第4のスタイルに』

「頭痛・生活習慣病診療におけるオンライン診療」
  大林クリニック院長 大林 克巳 氏
「痛風・高尿酸血症に対するオンライン診療」
  医療法人社団つばさ両国東口クリニック理事長 大山 博司 氏
「小児神経学専門クリニックにおけるオンライン診療」
  瀬川記念小児神経学クリニック理事長 星野 恭子 氏
「北海道だからこそ求められるオンライン診療」
  札幌医科大学医学部耳鼻咽喉科学講座准教授 高野 賢一 氏
2350_28P.indd
この記事の完全版は弊社発行媒体に掲載しております。試読・購読をご検討ください。
試読する 最新号から1ヶ月間無料でお届け 購読する 定期購読のお申し込みはこちら
※試読・購読は最新号からとなります。当該の記事につきましては、在庫状況などに応じ、媒体もしくは記事部分のみお届けします。
ページの先頭へ戻る