HOME > 医療トピックス[全国版] > 看護必要度、200床未満で経過措置 中医協総会(2/5)

医療トピックス[全国版]

看護必要度、200床未満で経過措置 中医協総会(2/5)

医療タイムス 全国版  
ニュース
中央社会保険医療協議会総会は1月31日、個別改定項目(短冊)と答申書の附帯意見の修正案を了承した。これを受けて厚生労働省は、2018年度診療報酬改定についての答申案を作成し、次回2月7日の総会に提示する。個別改定項目の修正では、「一般病棟入院基本料」の7対1と10対1の間に新設される中間的評価(急性期一般入院料2、3)について、200床未満の病院を対象にした「重症度、医療・看護必要度(以下、看護必要度)」の該当患者割合基準の経過措置などが追加された。
この記事の完全版は弊社発行媒体に掲載しております。試読・購読をご検討ください。
試読する 最新号から1ヶ月間無料でお届け 購読する 定期購読のお申し込みはこちら
※試読・購読は最新号からとなります。当該の記事につきましては、在庫状況などに応じ、媒体もしくは記事部分のみお届けします。
ページの先頭へ戻る