HOME > 医療トピックス[全国版] > 人生100歳時代の未病ケア 未病の日制定記念フォーラムから

医療トピックス[全国版]

人生100歳時代の未病ケア 未病の日制定記念フォーラムから

医療タイムス 全国版 2018.01.29 No.2336
レポート,特集
一般社団法人日本未病システム学会は、江戸時代初期に「養生訓」を著した貝原益軒の誕生日(12月17日)を未病の日と制定。昨年12月に記念のフォーラムを開催した。健康と病気の間の動的な状態を未病という。これまで未病の周知に取り組んできた演者たちが、それぞれの立場から講演をした。

【講演】
江戸時代から伝わる「摂養」の概念 ひっ迫した医療費を救う意識改革
日本薬科大学学長 丁 宗鐡 氏

【講演】
高齢者の未病としてのフレイル対策とは
虎の門病院 病院長 大内 尉義 氏

【講演】
未病のための検査とその将来
自治医科大学名誉教授 櫻林 郁之介 氏
2336_28P.indd
この記事の完全版をお読みになるには、試読・購読の手続きをしていただく必要があります。
試読する 最新号から1ヶ月間無料でお届け 購読する 定期購読のお申し込みはこちら
※試読・購読は最新号からとなります。当該の記事につきましては、在庫状況
 などに応じ、媒体もしくは記事部分のみでのお届けとなります。
ページの先頭へ戻る