HOME > 医療トピックス[全国版] > 高齢者の自立支援に手厚く、18年度介護報酬改定 厚労省(1/29)

医療トピックス[全国版]

高齢者の自立支援に手厚く、18年度介護報酬改定 厚労省(1/29)

医療タイムス 全国版  
ニュース
厚生労働省は26日、介護保険サービスの種類に応じて事業者に支払う介護報酬の2018年度改定案を社会保障審議会分科会に示し、了承された。高齢者が体の状態に合わせて機能訓練に取り組めるよう、事業者が医師や作業療法士らと連携して計画を作成した場合などに報酬を加算。高齢者の心身の機能向上に向け、自立支援や介護の重度化防止に取り組む事業者を手厚く評価する。
政府は18年度予算編成で報酬全体の改定率を0.54%のプラスと決定。団塊の世代が75歳以上となる「2025年問題」に対応するため、高齢者の自立をはじめ、介護人材の確保や医療・介護の連携、介護給付費の抑制を重視することにした。
この記事の完全版をお読みになるには、試読・購読の手続きをしていただく必要があります。
試読する 最新号から1ヶ月間無料でお届け 購読する 定期購読のお申し込みはこちら
※試読・購読は最新号からとなります。当該の記事につきましては、在庫状況
 などに応じ、媒体もしくは記事部分のみでのお届けとなります。
ページの先頭へ戻る