HOME > 医療トピックス[全国版] > 「紹介状なし」負担増拡大、400床以上の大病院も 厚労省 (11/20)

医療トピックス[全国版]

「紹介状なし」負担増拡大、400床以上の大病院も 厚労省 (11/20)

医療タイムス 全国版  
ニュース
厚生労働省は16日までに、紹介状なしで大病院を受診した患者に5000円以上の追加負担を求める制度について、対象病院を広げる方針を固めた。現在の対象は500床以上(262病院)の大学病院などだが、400床以上の病院に拡大。新たに約150病院増える見通し。追加負担額は変更しない。早ければ2018年度から実施する。
紹介状なしで受診した患者に、窓口負担(原則1~3割)とは別に追加負担を求める制度は16年度にスタート。病院に初診時に5000円以上、再診時に2500円以上の徴収を義務付けている。大病院は重症者向けの専門医療に専念し、診療所や中小病院で軽症者を診るという形で役割分担を明確にする。
この記事の完全版をお読みになるには、試読・購読の手続きをしていただく必要があります。
試読する 最新号から1ヶ月間無料でお届け 購読する 定期購読のお申し込みはこちら
※試読・購読は最新号からとなります。当該の記事につきましては、在庫状況
 などに応じ、媒体もしくは記事部分のみでのお届けとなります。
ページの先頭へ戻る