HOME > 医療トピックス[全国版] > 一般病棟入院基本料などを議論 中医協(3/20)

医療トピックス[全国版]

一般病棟入院基本料などを議論 中医協(3/20)

医療タイムス 全国版  
ニュース
中央社会保険医療協議会(中医協)は15日、総会を開き、次回診療報酬改定に向け、【一般病棟入院基本料】などについて議論した。【7対1入院基本料】については、10対1病院の中にも平均在院日数や病床利用率、入院患者の重症度などの点で7対1病院相当の水準の施設があることが厚生労働省のデータで明らかになった。
 厚労省のデータで入院基本料区分別(看護職員配置:7対1、10対1、13対1、15対1)の病棟の看護職員配置数をみると、いずれの区分においても、本来必要な配置数以上の人数を配置していた。
この記事の完全版をお読みになるには、試読・購読の手続きをしていただく必要があります。
試読する 最新号から1ヶ月間無料でお届け 購読する 定期購読のお申し込みはこちら
※試読・購読は最新号からとなります。当該の記事につきましては、在庫状況
 などに応じ、媒体もしくは記事部分のみでのお届けとなります。
ページの先頭へ戻る