HOME > 医療トピックス[全国版] > C型肝炎治療薬偽造品への対応を発出 厚労省(1/30)

医療トピックス[全国版]

C型肝炎治療薬偽造品への対応を発出 厚労省(1/30)

医療タイムス 全国版  
ニュース
厚生労働省は25日、ギリアド・サイエンシズ株式会社が販売しているC 型肝炎治療薬「ハーボニー配合錠」の偽造品に関して、これまで発見されたすべての偽造品が外箱に収められていなかったことなどを受けて、適正な流通の確保などを行うための通知を改めて発出した。
それによると、これまでに発見されている「ハーボニー配合錠」の偽造品については、いずれも外箱(紙箱)に収められておらず、本来流通することがない「ボトル容器単体の状態で流通していることが確認されている」と指摘。そのため、「ハーボニー配合錠」を譲り受ける際に、外箱(紙箱)に収められていないボトル容器単体の状態のものは「譲り受けないこと」を求めた。またこれまで「ハーボニー配合錠」の取扱実績のある卸売販売業者、薬局、さらには医療機関において、在庫品並びに過去の取扱状況の確認を行うことを指示。外箱に収められていない在庫品が存在していたり、過去に取り扱っていた可能性がある場合には、その旨を所管の都道府県等に報告する。その際には、当該医薬品の譲渡人の氏名などの情報についても、都道府県等の求めに応じて提供することを求めている。
この記事の完全版をお読みになるには、試読・購読の手続きをしていただく必要があります。
試読する 最新号から1ヶ月間無料でお届け 購読する 定期購読のお申し込みはこちら
※試読・購読は最新号からとなります。当該の記事につきましては、在庫状況
 などに応じ、媒体もしくは記事部分のみでのお届けとなります。
ページの先頭へ戻る