HOME > 医療トピックス[長野県版] > 松本に諏訪統合の新事業所  23年1月から運用開始、県赤十字血液センター(2/25)

医療トピックス[長野県版]

松本に諏訪統合の新事業所  23年1月から運用開始、県赤十字血液センター(2/25)

医療タイムス 長野県版 2021.02.25 
医療ニュース
 県赤十字血液センター(長野市、村上純子所長)はこのほど、諏訪出張所を廃止し、松本供給出張所を移転新築する計画を明らかにした。両施設の老朽化に伴うもので、2施設を統合して中南信地域への血液供給など事業を1本化。新たに「松本事業所(仮称)」として2022年12月竣工、翌23年1月からの運用開始を予定…【2月26日号タイムスFax】
この記事の完全版をお読みになるには、試読・購読の手続きをしていただく必要があります。
試読する 最新号から1ヶ月間無料でお届け 購読する 定期購読のお申し込みはこちら
※試読・購読は最新号からとなります。当該の記事につきましては、在庫状況
 などに応じ、媒体もしくは記事部分のみでのお届けとなります。
ページの先頭へ戻る