HOME > 医療トピックス[長野県版] > 薬剤内包ナノ複合体、骨破壊の抑制に期待  信大と産総研が共同開発(1/13)

医療トピックス[長野県版]

薬剤内包ナノ複合体、骨破壊の抑制に期待  信大と産総研が共同開発(1/13)

医療タイムス 長野県版 2021.01.13 
医療ニュース
 信大バイオメディカル研究所(齋藤直人所長)と国立研究開発法人産業技術総合研究所(石村和彦理事長)の研究グループがこのほど、破骨細胞の抑制剤を内包した「ナノ複合体」を開発したと発表した。破骨細胞への取り込みに適したサイズの薬剤運搬体と薬剤を複合させることで薬剤効果が増強し、少量投与でも破骨細胞の抑制が可能になる…【1月14日号タイムスFax】
この記事の完全版をお読みになるには、試読・購読の手続きをしていただく必要があります。
試読する 最新号から1ヶ月間無料でお届け 購読する 定期購読のお申し込みはこちら
※試読・購読は最新号からとなります。当該の記事につきましては、在庫状況
 などに応じ、媒体もしくは記事部分のみでのお届けとなります。
ページの先頭へ戻る