HOME > 医療トピックス[長野県版] > 小児心不全の創薬へ前進 信大、新規薬物標的を同定(11/16)

医療トピックス[長野県版]

小児心不全の創薬へ前進 信大、新規薬物標的を同定(11/16)

医療タイムス 長野県版 2020.11.16 
医療ニュース
 信大バイオメディカル研究所と医学部分子薬理学教室の研究チームがこのほど、新生児と乳児の心不全治療に適した薬物標的を同定したと発表した。新生児・乳児のマウスを用いた薬物実験で心収縮力を高める効果を確認したほか、ヒトiPS細胞由来の幼若心筋細胞でも同様の効果があることを明らかにした。小児の心不全に対してはこれまで特異的な治療薬がなく…【11月17日号タイムスFax】
この記事の完全版をお読みになるには、試読・購読の手続きをしていただく必要があります。
試読する 最新号から1ヶ月間無料でお届け 購読する 定期購読のお申し込みはこちら
※試読・購読は最新号からとなります。当該の記事につきましては、在庫状況
 などに応じ、媒体もしくは記事部分のみでのお届けとなります。
ページの先頭へ戻る