HOME > 医療トピックス[長野県版] > 信大、「キムリア」提供施設に認定 「新たなチャンス」に期待(10/23)

医療トピックス[長野県版]

信大、「キムリア」提供施設に認定 「新たなチャンス」に期待(10/23)

医療タイムス 長野県版 2020.10.23 
医療ニュース
 信大病院(川眞田樹人院長)が10月5日付で、CAR-T細胞療法「キムリア」の提供可能施設に認定された。国内15施設目で、中部地方では初の認定施設となる。対象は再発や難治性の急性リンパ性白血病と悪性リンパ腫で、窓口となる同院先端細胞治療センターは、県内外から年間10件程度の患者受け入れを想定。中沢洋三センター長は「もう治療の手立てがないといわれた人に新たなチャンスを与えることができる」と…【10月26日号タイムスFax】
この記事の完全版をお読みになるには、試読・購読の手続きをしていただく必要があります。
試読する 最新号から1ヶ月間無料でお届け 購読する 定期購読のお申し込みはこちら
※試読・購読は最新号からとなります。当該の記事につきましては、在庫状況
 などに応じ、媒体もしくは記事部分のみでのお届けとなります。
ページの先頭へ戻る