HOME > 医療トピックス[長野県版] > 地元企業と共同で自助具の試作品開発  モノづくり工房開設、恵仁会(10/12)

医療トピックス[長野県版]

地元企業と共同で自助具の試作品開発  モノづくり工房開設、恵仁会(10/12)

医療タイムス 長野県版 2020.10.12 
医療ニュース
 くろさわ病院を運営する恵仁会(佐久市、黒澤一也理事長)は5日、3Dプリンタを使った試作品開発を行うモノづくり工房「Sore-Ene(ソレ・イーネ)」を開設した。地域の強みを生かした産業の創出と育成を目的とする佐久産業支援センター(ソイック)の試作開発事業助成金の支援を受け、地元企業やデザイナーと共同で医療や介護の分野におけるオリジナルグッズを製作し…【10月13日号タイムスFax】
恵仁会 3Dプリンター導入
この記事の完全版をお読みになるには、試読・購読の手続きをしていただく必要があります。
試読する 最新号から1ヶ月間無料でお届け 購読する 定期購読のお申し込みはこちら
※試読・購読は最新号からとなります。当該の記事につきましては、在庫状況
 などに応じ、媒体もしくは記事部分のみでのお届けとなります。
ページの先頭へ戻る