HOME > 医療トピックス[長野県版] > 被災地活動「見る・聞く・つなぐ」 心理的応急処置で研修会(9/28)

医療トピックス[長野県版]

被災地活動「見る・聞く・つなぐ」 心理的応急処置で研修会(9/28)

医療タイムス 長野県版 2020.09.28 
医療ニュース
 災害など深刻なストレスにさらされた人へのケアや支援の方法を学ぶ研修会が24日、県精神保健福祉センター(小泉典章所長)の主催であった。国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所の大沼麻実氏は、多くの国際機関が推奨するWHO版心理的応急処置(PFA)について説明。被災地などでの活動は事前の準備に加え、支援が必要な人や周囲の状況を「見る」こと、思いやりを持って「聞く」こと、ニーズやサポートに「つなぐ」ことが…【9月29日号タイムスFax】
この記事の完全版をお読みになるには、試読・購読の手続きをしていただく必要があります。
試読する 最新号から1ヶ月間無料でお届け 購読する 定期購読のお申し込みはこちら
※試読・購読は最新号からとなります。当該の記事につきましては、在庫状況
 などに応じ、媒体もしくは記事部分のみでのお届けとなります。
ページの先頭へ戻る