HOME > 医療トピックス[長野県版] > 下肢静脈瘤を瞬間接着剤で治療 諏訪中央(6/22)

医療トピックス[長野県版]

下肢静脈瘤を瞬間接着剤で治療 諏訪中央(6/22)

医療タイムス 長野県版 2020.06.22 
医療ニュース
 諏訪中央病院(吉澤徹院長)はこのほど、静脈内にカテーテルを使用して瞬間接着剤を注入し、血管を閉塞する治療法「下肢静脈瘤血管内塞栓術」(グルー治療)を開始した。これまでの熱によって血管をふさぐ血管内焼灼術と比べ、痛みや合併症が少ないのが特徴。同院によると、グルー治療は南信地区初と…【6月23日号タイムスFax】
諏訪中央 グルー治療HP用
この記事の完全版をお読みになるには、試読・購読の手続きをしていただく必要があります。
試読する 最新号から1ヶ月間無料でお届け 購読する 定期購読のお申し込みはこちら
※試読・購読は最新号からとなります。当該の記事につきましては、在庫状況
 などに応じ、媒体もしくは記事部分のみでのお届けとなります。
ページの先頭へ戻る