HOME > 医療トピックス[長野県版] > 覚醒下手術前に診断、脳の言語機能部位を同定  信大、名大など研究グループ(6/4)

医療トピックス[長野県版]

覚醒下手術前に診断、脳の言語機能部位を同定  信大、名大など研究グループ(6/4)

医療タイムス 長野県版 2020.06.04 
医療ニュース
 信大と名古屋大などの研究グループがこのほど、脳腫瘍の覚醒下手術前に、脳内で言語機能を有する部位の位置を正確に測定する機能診断法を開発した。覚醒下手術を行わなくても言語機能を温存できる新たな脳腫瘍手術法の発展につながることが期待される。研究成果は3日付の…【6月5日号タイムスFax】
この記事の完全版をお読みになるには、試読・購読の手続きをしていただく必要があります。
試読する 最新号から1ヶ月間無料でお届け 購読する 定期購読のお申し込みはこちら
※試読・購読は最新号からとなります。当該の記事につきましては、在庫状況
 などに応じ、媒体もしくは記事部分のみでのお届けとなります。
ページの先頭へ戻る