HOME > 医療トピックス[長野県版] > 上半期は黒字見込み 小口特命参与が就任し1年、松本市立(10/23)

医療トピックス[長野県版]

上半期は黒字見込み 小口特命参与が就任し1年、松本市立(10/23)

医療タイムス 長野県版 2019.10.23 
医療ニュース
 経営改革の助言、指導する小口壽夫特命参与(諏訪赤十字病院名誉院長)の就任から1年が経過した松本市立病院(高木洋行院長)は17日、同院で会見を開き、入院患者の増加などにより昨年度下半期は黒字を達成し、今年度上半期も黒字を見込んでいると発表した。高木院長は「全ての職員が病院を良くしようと進めている。経営の健全化を目指し…【10月24日号タイムスFax】
松本市立病院の経営改善について記者会見した病院幹部
この記事の完全版をお読みになるには、試読・購読の手続きをしていただく必要があります。
試読する 最新号から1ヶ月間無料でお届け 購読する 定期購読のお申し込みはこちら
※試読・購読は最新号からとなります。当該の記事につきましては、在庫状況
 などに応じ、媒体もしくは記事部分のみでのお届けとなります。
ページの先頭へ戻る