HOME > 医療トピックス[長野県版] > 長野市民が生殖医療センター 1日に開設(7/3)

医療トピックス[長野県版]

長野市民が生殖医療センター 1日に開設(7/3)

医療タイムス 長野県版 2019.07.03 
医療ニュース
 長野市民病院(池田宇一院長)は1日、子宮内膜着床能(ERA)検査を含む高度生殖補助医療を行う「生殖医療センター」を開設した。同院はこれまで、婦人科で体外受精や顕微授精、胚凍結をはじめとした高度生殖補助医療を実施してきたが、スタッフの独立性を確保することで従来の医療提供体制を強化する。診療内容をより明確に掲げることで患者が医療機関を探しやすく…【7月4日号タイムスFax】
この記事の完全版をお読みになるには、試読・購読の手続きをしていただく必要があります。
試読する 最新号から1ヶ月間無料でお届け 購読する 定期購読のお申し込みはこちら
※試読・購読は最新号からとなります。当該の記事につきましては、在庫状況
 などに応じ、媒体もしくは記事部分のみでのお届けとなります。
ページの先頭へ戻る