HOME > 医療トピックス[長野県版] > 事前指示書の運用開始 松本市医(5/8)

医療トピックス[長野県版]

事前指示書の運用開始 松本市医(5/8)

医療タイムス 長野県版 2019.05.08 
医療ニュース
 松本市医師会(杉山敦会長)は1日、かねて検討を重ねてきた事前指示書「松本市版リビングウィル」の運用を開始した。A4サイズのほか、お薬手帳に挟み込む「携帯版」があり、市医と松本市地域包括ケア協議会の連名で運用する。市医の岡村律子医療コーディネーターは「誰もが最後を迎えるということを少しでも考えるきっかけになるといい」と期待。杉山会長は「かかりつけ医の対応が大切だ」と…【5月9日号タイムスFax】
この記事の完全版をお読みになるには、試読・購読の手続きをしていただく必要があります。
試読する 最新号から1ヶ月間無料でお届け 購読する 定期購読のお申し込みはこちら
※試読・購読は最新号からとなります。当該の記事につきましては、在庫状況
 などに応じ、媒体もしくは記事部分のみでのお届けとなります。
ページの先頭へ戻る