HOME > 医療トピックス[長野県版] > 世界最小258グラムの男児、順調に育ち退院 県立こども(4/19)

医療トピックス[長野県版]

世界最小258グラムの男児、順調に育ち退院 県立こども(4/19)

医療タイムス 長野県版 2019.04.19 
医療ニュース
 県立こども病院(中村友彦院長)は19日に会見を開き、昨年10月に体重258グラムで生まれた男児が順調に成長し、20日に退院すると発表した。同院によると、超早産児で元気に退院する男児の出生時の体重としては、世界最小と…【4月22日号タイムスFax】
県立こども世界最小男児
この記事の完全版をお読みになるには、試読・購読の手続きをしていただく必要があります。
試読する 最新号から1ヶ月間無料でお届け 購読する 定期購読のお申し込みはこちら
※試読・購読は最新号からとなります。当該の記事につきましては、在庫状況
 などに応じ、媒体もしくは記事部分のみでのお届けとなります。
ページの先頭へ戻る