HOME > 医療トピックス[長野県版] > 来年3月、緩和ケア病棟開設へ 中信地域初、丸の内(4/16)

医療トピックス[長野県版]

来年3月、緩和ケア病棟開設へ 中信地域初、丸の内(4/16)

医療タイムス 長野県版 2019.04.16 
医療ニュース
 丸の内病院(中土幸男院長)は、敷地内西側の駐車場に新棟を増築し、中信地域で初の緩和ケア病棟(10床)を設置する。一般病棟からの転換で総病床数199床は変わらない。増築工事はすでに3月から着工しており、来年3月の開設を目指す。
 新病棟は、鉄筋コンクリート造り2階建て延べ床面積1428㎡。1階に患者サポートセンターと緩和ケア外来を新設し、既存棟から産科・婦人科外来と化学療法室を…【4月17日号タイムスFax】
丸の内病院西棟 外観パース
この記事の完全版をお読みになるには、試読・購読の手続きをしていただく必要があります。
試読する 最新号から1ヶ月間無料でお届け 購読する 定期購読のお申し込みはこちら
※試読・購読は最新号からとなります。当該の記事につきましては、在庫状況
 などに応じ、媒体もしくは記事部分のみでのお届けとなります。
ページの先頭へ戻る