HOME > 医療トピックス[長野県版] > 早期療育と補聴が発達に影響 難聴児の療育研修会(3/7)

医療トピックス[長野県版]

早期療育と補聴が発達に影響 難聴児の療育研修会(3/7)

医療タイムス 長野県版 2019.03.07 
医療ニュース
 人工内耳を使用する乳幼児の療育や聴覚障害の啓発活動などを行うNPO法人「信州きこえとことばのセンターやまびこ」はこのほど、療育の専門家らを対象に長野市内で研修会を開いた。信大医学部耳鼻咽喉科の宇佐美真一教授が講演し、早期の補聴や療育が言葉の発達に関与すると説明。難聴の早期発見を適切な対応につなげる重要性を強調する一方…【3月8日号タイムスFax】
SONY DSC
この記事の完全版をお読みになるには、試読・購読の手続きをしていただく必要があります。
試読する 最新号から1ヶ月間無料でお届け 購読する 定期購読のお申し込みはこちら
※試読・購読は最新号からとなります。当該の記事につきましては、在庫状況
 などに応じ、媒体もしくは記事部分のみでのお届けとなります。
ページの先頭へ戻る