HOME > 医療トピックス[長野県版] > 県内初のポリファーマシー外来 佐久総合が1月に開設(12/27)

医療トピックス[長野県版]

県内初のポリファーマシー外来 佐久総合が1月に開設(12/27)

医療タイムス 長野県版 2018.12.27 
医療ニュース
 JA長野厚生連佐久総合病院(伊澤敏統括院長)は2019年1月から、県内初の「ポリファーマシー外来」を開設する。多剤服用による有害事象を予防するため、薬剤師が患者のお薬手帳や持参薬から現在服用中の薬や残薬などを確認し、医師と患者、家族らと薬剤量について協議。その結果を各処方医に情報提供し…【12月28日号タイムスFax】
この記事の完全版をお読みになるには、試読・購読の手続きをしていただく必要があります。
試読する 最新号から1ヶ月間無料でお届け 購読する 定期購読のお申し込みはこちら
※試読・購読は最新号からとなります。当該の記事につきましては、在庫状況
 などに応じ、媒体もしくは記事部分のみでのお届けとなります。
ページの先頭へ戻る