HOME > 医療トピックス[長野県版] > 尊厳死へ意思書き留めて 県医、在宅医療シンポ(12/6)

医療トピックス[長野県版]

尊厳死へ意思書き留めて 県医、在宅医療シンポ(12/6)

医療タイムス 長野県版 2018.12.06 
医療ニュース
 人生の終焉に際し、どのような医療を受け、どう過ごしたいかを考える「在宅医療シンポジウムin信州」が2日、松本市内で開かれた。24時間体制の在宅医療で総合医療に取り組む長尾クリニック(兵庫県)院長の長尾和宏氏が「良い人生だったと思えるための終の選択」と題して講演。国内では95%の人が終末期を経て死に至ると説明した上で、事前にどんな医療を受けたいかなどを書き記し、周囲の人と共有しておくことで意思を実現できると…【12月7日号タイムスFax】
SONY DSC
この記事の完全版をお読みになるには、試読・購読の手続きをしていただく必要があります。
試読する 最新号から1ヶ月間無料でお届け 購読する 定期購読のお申し込みはこちら
※試読・購読は最新号からとなります。当該の記事につきましては、在庫状況
 などに応じ、媒体もしくは記事部分のみでのお届けとなります。
ページの先頭へ戻る