HOME > 医療トピックス[長野県版] > 救急隊員と合同で地域住民に救命手順指導  長野市民、AED講習会(9/7)

医療トピックス[長野県版]

救急隊員と合同で地域住民に救命手順指導  長野市民、AED講習会(9/7)

医療タイムス 長野県版 2018.09.07 
医療ニュース
長野市民病院(池田宇一院長)は7日、救急の日に合わせた恒例の「AED講習会」を開いた。講習は医師と看護師に加え、昨年に続き救急ワークステーションに派遣された救急隊員と合同で行い、集まった大勢の地域住民らに救命手順を丁寧に解説した。
今回の講習会は、多くの参加者が体験できるように4グループに分かれて行った。まずは、研修医の小岩井悠太氏が中心となり、意識確認から胸骨圧迫、AEDの使用まで一連…【9月10日号タイムスFax】
長野市民 AED講習会胸骨圧迫する参加者
この記事の完全版をお読みになるには、試読・購読の手続きをしていただく必要があります。
試読する 最新号から1ヶ月間無料でお届け 購読する 定期購読のお申し込みはこちら
※試読・購読は最新号からとなります。当該の記事につきましては、在庫状況
 などに応じ、媒体もしくは記事部分のみでのお届けとなります。
ページの先頭へ戻る