HOME > 医療トピックス[長野県版] > 諏訪日赤が2年連続グランプリ 国際モダンホスピタルショウ、アイデア賞で(6/7)

医療トピックス[長野県版]

諏訪日赤が2年連続グランプリ 国際モダンホスピタルショウ、アイデア賞で(6/7)

医療タイムス 長野県版  
ニュース
 国際モダンホスピタルショウ2018(7月11~13日、東京ビッグサイト)の特別企画「現場のひらめきをカタチに!第11回みんなのアイデアde賞」で諏訪赤十字病院(梶川昌二院長)の「カテーテル受け台」がグランプリに輝き、同院は2年連続で最高位を受賞した。同賞は医療・介護従事者による現場ならではの画期的な改善や工夫、アイデアを募集し、応募総数35作品の中からグランプリ1、準グランプリ2など計7作品が選ばれた。
この記事の完全版をお読みになるには、試読・購読の手続きをしていただく必要があります。
試読する 最新号から1ヶ月間無料でお届け 購読する 定期購読のお申し込みはこちら
※試読・購読は最新号からとなります。当該の記事につきましては、在庫状況
 などに応じ、媒体もしくは記事部分のみでのお届けとなります。
ページの先頭へ戻る