HOME > 医療トピックス[長野県版] > 「ここ駒DPAT」を結成 こころの医療センター駒ケ根(4/5)

医療トピックス[長野県版]

「ここ駒DPAT」を結成 こころの医療センター駒ケ根(4/5)

医療タイムス 長野県版  
ニュース
 県立こころの医療センター駒ケ根は、元患者の遺族による寄付金を活用してDPAT用の車両を購入。披露に合わせ、医師や看護師らで構成する「ここ駒DPAT」の結成式をこのほど開いた。
 同院は2014年の御嶽山噴火の際、県精神保健福祉センターらと合同で「こころのケアチーム」として出動。ここでDPATの必要性を痛感し、昨年9月には、DPAT先遣隊を組織できる県内唯一の病院として厚生労働省に登録した。今月にも県と協定を結ぶ。
p1-3
この記事の完全版をお読みになるには、試読・購読の手続きをしていただく必要があります。
試読する 最新号から1ヶ月間無料でお届け 購読する 定期購読のお申し込みはこちら
※試読・購読は最新号からとなります。当該の記事につきましては、在庫状況
 などに応じ、媒体もしくは記事部分のみでのお届けとなります。
ページの先頭へ戻る