HOME > 医療トピックス[長野県版] > ドクターカー更新、26日から運用 県立こども 全国から寄付(3/13)

医療トピックス[長野県版]

ドクターカー更新、26日から運用 県立こども 全国から寄付(3/13)

医療タイムス 長野県版  
ニュース
 県立こども病院(原田順和院長)はドクターカーを更新し、26日から運用を開始する。車両の老朽化に伴うドクターカー更新に向けて2016年4月から寄付活動を始め、費用はすべて県内外からの寄付により調達した。原田院長はこども病院のシンボルであるドクターカーへの寄付について「当院を知ってもらい支援者を増やす目的もある。今回、職員一同多くの人に支えられていることを改めて実感する機会となった。子ども達のためにさらに一生懸命やっていきたい」と感謝を示した。
ドクターカー
この記事の完全版をお読みになるには、試読・購読の手続きをしていただく必要があります。
試読する 最新号から1ヶ月間無料でお届け 購読する 定期購読のお申し込みはこちら
※試読・購読は最新号からとなります。当該の記事につきましては、在庫状況
 などに応じ、媒体もしくは記事部分のみでのお届けとなります。
ページの先頭へ戻る