HOME > 医療トピックス[長野県版] > 17年は診察694件 精神科救急医療、8カ月間(2/6)

医療トピックス[長野県版]

17年は診察694件 精神科救急医療、8カ月間(2/6)

医療タイムス 長野県版  
ニュース
 精神疾患の急激な発症や精神症状の悪化により、2017年4月から12月の8カ月間に県内の18対応医療機関で救急診察を受けた患者が694人だったことがわかった。前年同期間の受診件数と比べ52件の減。このうち入院に至った患者は245人で、自傷他害のおそれがある患者を強制的に入院させる「措置入院」は30件だった。2日に県庁で開いた県地方精神保健福祉審議会(鷲塚伸介会長=信大病院精神科教授)で県が報告した。
この記事の完全版をお読みになるには、試読・購読の手続きをしていただく必要があります。
試読する 最新号から1ヶ月間無料でお届け 購読する 定期購読のお申し込みはこちら
※試読・購読は最新号からとなります。当該の記事につきましては、在庫状況
 などに応じ、媒体もしくは記事部分のみでのお届けとなります。
ページの先頭へ戻る