HOME > 医療トピックス[長野県版] > 骨再生・骨折治療に有用 信大 チタン繊維のプレート(12/20)

医療トピックス[長野県版]

骨再生・骨折治療に有用 信大 チタン繊維のプレート(12/20)

医療タイムス 長野県版  
ニュース
 信大先鋭領域融合研究群バイオメディカル研究所の齋藤直人教授を中心とした研究グループがこのほど、チタン繊維を圧縮したプレートが骨再生の足場材として有用であることをつきとめた。繊維が織りなす複雑な表面構造が骨芽細胞を複合し、再生骨と一体化して修復を促す。形状の調節しやすさから粉砕骨折の小骨片固定がしやすい上、骨皮質に近い弾性率を実現したことによって術後の骨脆弱化を生じず、体内への長期間留置が可能という。一般的な材料だけに臨床応用へのハードルは低く、さまざまな骨疾患治療での活用が期待される。
SONY DSC
この記事の完全版をお読みになるには、試読・購読の手続きをしていただく必要があります。
試読する 最新号から1ヶ月間無料でお届け 購読する 定期購読のお申し込みはこちら
※試読・購読は最新号からとなります。当該の記事につきましては、在庫状況
 などに応じ、媒体もしくは記事部分のみでのお届けとなります。
ページの先頭へ戻る