HOME > 医療トピックス[長野県版] > 大規模災害に備え初の合同訓練 北信総合(9/26)

医療トピックス[長野県版]

大規模災害に備え初の合同訓練 北信総合(9/26)

医療タイムス 長野県版  
ニュース
 JA長野厚生連北信総合病院(洞和彦院長)は24日、近隣の広域消防本部や県DMATらと連携して、多数傷病事故者対応合同訓練を行い約250人が参加した。関係機関との初の合同訓練で、今後の災害発生時における課題などを確認した。
 訓練は中野市駅前交差点で乗用車4台が衝突し、傷病者30人を同院に搬送すると想定。同院は災害対応マニュアルに沿い傷病者に対応した。院内に災害対策本部と診療指揮本部を設置し、部署別代表名と連絡先を示す図表を貼り出した。図表を参考にPHSで連絡を取り合い、ホワイトボードに書かれた患者情報をDMATらと共有した。
 終了式で洞院長は今回の訓練について、どこにスタッフを集めるべきかの人員配置や、指揮統制などの問題点が見えたとし、「今日は最初から救急車やDMATがいたが、実際にはこうはいかない。職員はすぐに病院に駆けつけられる体制を作ってほしい」と述べ、「訓練の反省をして本番に備えたい」とした。
北信総合多傷病者合同訓練
この記事の完全版をお読みになるには、試読・購読の手続きをしていただく必要があります。
試読する 最新号から1ヶ月間無料でお届け 購読する 定期購読のお申し込みはこちら
※試読・購読は最新号からとなります。当該の記事につきましては、在庫状況
 などに応じ、媒体もしくは記事部分のみでのお届けとなります。
ページの先頭へ戻る