HOME > 医療トピックス[長野県版] > 「地域創成の核となる」 再構築工事が完了、北信総合(2/16)

医療トピックス[長野県版]

「地域創成の核となる」 再構築工事が完了、北信総合(2/16)

医療タイムス 長野県版  
ニュース
 再構築工事を2012年10月から進めてきたJA長野厚生連北信総合病院(洞和彦院長)は16日、同病院と中野市の「アップルシティーなかの」で、増改築工事の竣工式と祝賀会を開いた。地域の行政職員やJA長野厚生連スタッフら約150人の出席者を前に洞院長は、「地域創成の核となれるよう一丸となって誠心誠意頑張っていく」とあいさつ。地域から信頼され、社会に貢献する病院を目指していくとした。
 同病院は、昨年8月に建物が完成、利用を開始していたが、外構工事がこのほど終了しフルオープンとなった。西病棟の建て替えをはじめ、CT・MRI棟、外来診療棟、救急診療棟と順次建て替えを行ってきた。
この記事の完全版をお読みになるには、試読・購読の手続きをしていただく必要があります。
試読する 最新号から1ヶ月間無料でお届け 購読する 定期購読のお申し込みはこちら
※試読・購読は最新号からとなります。当該の記事につきましては、在庫状況
 などに応じ、媒体もしくは記事部分のみでのお届けとなります。
ページの先頭へ戻る