HOME > 医療トピックス[全国版] > 在宅支援とリハビリテーション~医療との連携を模索

医療トピックス[全国版]

在宅支援とリハビリテーション~医療との連携を模索

医療タイムス 全国版 2019.03.11 No.2390
レポート,特集
医療福祉のさまざまな場面で在宅支援の視点が求められている。特にリハビリテーションのかかわりが重要だ。
2月15・16日に開催された第6回慢性期リハビリテーション学会(主催:日本慢性期医療協会)では地域づくりとリハビリテーションに言及。訪問と通所という、地域連携の主要なサービスを提供している立場からの報告があった。

【講演1】
デイケアは通所介護と深く連携するべき
負担感低減が持続するレスパイトケア

全国デイ・ケア協会理事
医療法人真正会 岡野 英樹 氏

【講演2】
医療従事者と訪問リハの連携を重視
さらなる若手育成が今後の課題

日本訪問リハビリテーション協会会長
医療法人社団輝生会 宮田 昌司 氏
2390_28P.indd
この記事の完全版は弊社発行媒体に掲載しております。試読・購読をご検討ください。
試読する 最新号から1ヶ月間無料でお届け 購読する 定期購読のお申し込みはこちら
※試読・購読は最新号からとなります。当該の記事につきましては、在庫状況などに応じ、媒体もしくは記事部分のみお届けします。
ページの先頭へ戻る