HOME > 医療トピックス[全国版] > 代謝を標的とした新がん治療法を発見 国がんなど(1/28)

医療トピックス[全国版]

代謝を標的とした新がん治療法を発見 国がんなど(1/28)

医療タイムス 全国版  
ニュース
国立研究開発法人国立がん研究センター(中釜斉理事長)と学校法人慈恵大学(栗原敏理事長)の研究チームは25日、卵巣明細胞がんや胆道がん、胃がんなどアジア人に多いがんで、高頻度にみられるARID1A遺伝子の変異した患者に対する新しい治療法を見出したと発表した。
本研究成果は25日付の米国がん専門誌で発表された。
この記事の完全版は弊社発行媒体に掲載しております。試読・購読をご検討ください。
試読する 最新号から1ヶ月間無料でお届け 購読する 定期購読のお申し込みはこちら
※試読・購読は最新号からとなります。当該の記事につきましては、在庫状況などに応じ、媒体もしくは記事部分のみお届けします。
ページの先頭へ戻る