HOME > 医療トピックス[全国版] > 燃料の優先的確保を要件に、災害拠点病院指定で(9/18)

医療トピックス[全国版]

燃料の優先的確保を要件に、災害拠点病院指定で(9/18)

医療タイムス 全国版  
ニュース
災害発生時に被災地の重傷患者らを受け入れる災害拠点病院に関し、厚生労働省は12日までに指定要件を改正し、災害時に優先的に燃料を確保できる体制を整えていることを追加した。地域の関係団体や業者との協定締結を求めている。
災害拠点病院は従来、通常時の6割程度の発電容量のある自家発電機などを備え、3日分程度の燃料を確保しておくことが要件になっていた。6日に発生した北海道地震でも、道内34の災害拠点病院で一時停電となったが、いずれも自家発電で対応した。
この記事の完全版は弊社発行媒体に掲載しております。試読・購読をご検討ください。
試読する 最新号から1ヶ月間無料でお届け 購読する 定期購読のお申し込みはこちら
※試読・購読は最新号からとなります。当該の記事につきましては、在庫状況などに応じ、媒体もしくは記事部分のみお届けします。
ページの先頭へ戻る