HOME > 医療トピックス[全国版] > 協働で希少がんの個別化ゲノム医療を実現 国がん・希少がん会患者ネット (8/27)

医療トピックス[全国版]

協働で希少がんの個別化ゲノム医療を実現 国がん・希少がん会患者ネット (8/27)

医療タイムス 全国版  
ニュース
国立研究開発法人国立がん研究センター(中釜斉理事長)と一般社団法人日本希少がん患者会ネットワーク(眞島喜幸理事長)は23日、希少がんの新規治療開発およびゲノム医療を推進するMASTER KEYプロジェクトにおける連携協定を締結した。同プロジェクトは、2017年5月より中央病院(西田俊朗病院長)で開始した産学共同プロジェクトで、希少がんのレジストリ(疾患登録)研究とバスケット試験から構成されている。
この記事の完全版は弊社発行媒体に掲載しております。試読・購読をご検討ください。
試読する 最新号から1ヶ月間無料でお届け 購読する 定期購読のお申し込みはこちら
※試読・購読は最新号からとなります。当該の記事につきましては、在庫状況などに応じ、媒体もしくは記事部分のみお届けします。
ページの先頭へ戻る