HOME > 医療トピックス[全国版] > パネル検査の実用化推進、がんゲノム医療で初会合 厚労省(8/6)

医療トピックス[全国版]

パネル検査の実用化推進、がんゲノム医療で初会合 厚労省(8/6)

医療タイムス 全国版  
ニュース
厚生労働省は1日、がん患者の遺伝子を調べて治療法を選ぶ「がんゲノム医療」の普及に向けた課題を検討する「がんゲノム医療推進コンソーシアム運営会議」の初会合を開いた。今後、1度に多数のがん関連遺伝子を調べる「遺伝子パネル検査」の実用化などについて議論する方針を決めた。
会議は、学者や医師、がん患者らで構成。がんゲノム医療を科学的に評価し、実現のための仕組みづくりや厚労省への提案などを行う。がんゲノム医療では、厚労省が中核拠点病院11カ所、連携病院100カ所を指定している。 
この記事の完全版は弊社発行媒体に掲載しております。試読・購読をご検討ください。
試読する 最新号から1ヶ月間無料でお届け 購読する 定期購読のお申し込みはこちら
※試読・購読は最新号からとなります。当該の記事につきましては、在庫状況などに応じ、媒体もしくは記事部分のみお届けします。
ページの先頭へ戻る