HOME > 医療トピックス[全国版] > LGBT対応の基本 働きやすい環境を作るために

医療トピックス[全国版]

LGBT対応の基本 働きやすい環境を作るために

医療タイムス 全国版  
LGBTは性的マイノリティーの総称だ。外国人や障害者は外見で気づくことができるが、LGBTの多くは外見では分からないため、社会的認知が進まず、当事者の困難も分かりにくい。戸田中央医科グループ(TMG・中村隆俊会長)では7月11日、LGBT研修を実施。病院・施設の事務長などに対応の考え方を示した。
ここではLGBTの基礎知識をテーマとする講演、さらには医療機関の在り方を紹介する。

【LGBTの基礎知識】
LGBT(性的マイノリティー)が、安心して働き続けられる職場環境を
【LGBTへの取り組み】
動き始めたLGBTへの対応採用担当者の理解が不可欠に
【LGBTの法整備】
国内法整備が遅れているLGBT医療機関としてどう取り組むか
2362_28P.indd
この記事の完全版は弊社発行媒体に掲載しております。試読・購読をご検討ください。
試読する 最新号から1ヶ月間無料でお届け 購読する 定期購読のお申し込みはこちら
※試読・購読は最新号からとなります。当該の記事につきましては、在庫状況などに応じ、媒体もしくは記事部分のみお届けします。
ページの先頭へ戻る