HOME > 医療トピックス[全国版] > 在宅緩和ケアを考える~日本ホスピス緩和ケア協会年次大会から

医療トピックス[全国版]

在宅緩和ケアを考える~日本ホスピス緩和ケア協会年次大会から

医療タイムス 全国版 2018.07.30 No.2361
レポート,特集
「在宅緩和ケア充実診療所加算」が2016年度診療報酬改定で認められ、初めて診療報酬に在宅緩和ケアが明記・認知された。日本のホスピス緩和ケアは病棟中心に発展してきたが、14日開かれた日本ホスピス緩和ケア協会年次大会では、病棟緩和ケアの文化を地域、在宅に広げていくべきだと訴えた。ここでは前野宏氏の基調講演を掲載する。

【緩和ケアの歴史】
 病院内で進歩した日本の緩和ケア
 看取りの文化を地域に、在宅に
【在宅ケアの実態】
 患者自身の在宅の意志に腹をくくる
 家族を励まし、家族力を引き出す
【緩和ケアの基準】
 緩和ケア病棟の歴史は40年
 看取りの文化を地域に還元へ
【在宅緩和ケアの基準】
 チームは必要に応じて柔軟に構成
 コミュニティでのケアチームの役割を明記
2361.indd
この記事の完全版は弊社発行媒体に掲載しております。試読・購読をご検討ください。
試読する 最新号から1ヶ月間無料でお届け 購読する 定期購読のお申し込みはこちら
※試読・購読は最新号からとなります。当該の記事につきましては、在庫状況などに応じ、媒体もしくは記事部分のみお届けします。
ページの先頭へ戻る