HOME > 医療トピックス[全国版] > 食中毒や熱中症、予防策を公開 日本環境感染学会(7/17)

医療トピックス[全国版]

食中毒や熱中症、予防策を公開 日本環境感染学会(7/17)

医療タイムス 全国版  
ニュース
西日本豪雨で避難生活が長引くと感染症などが発生しやすくなるとして、日本環境感染学会は11日までに予防策をまとめた。「食事と衛生」「トイレと感染症」「暑さ・ストレス・熱中症」など10項目について、ホームページ上で対策を紹介している。
 学会は、夏は細菌などで汚染された食べ物により、食中毒や急性胃腸炎が起こりやすいと指摘。暑い所に放置された食品や、中まで火がよく通っていない肉は控え、食事前にはせっけんと流水で手を洗うよう求めた。
 学会によると、急性胃腸炎などによる嘔吐や下痢があると、手やタオルを通じて他の人に感染する恐れがある。トイレの使用後は手を洗い、タオルの共有は避けた方がいい。
この記事の完全版は弊社発行媒体に掲載しております。試読・購読をご検討ください。
試読する 最新号から1ヶ月間無料でお届け 購読する 定期購読のお申し込みはこちら
※試読・購読は最新号からとなります。当該の記事につきましては、在庫状況などに応じ、媒体もしくは記事部分のみお届けします。
ページの先頭へ戻る