HOME > 医療トピックス[全国版] > 日本健康生活推進協会設立2周年記念シンポジウム~人生100年時代の未病ライフと健康リテラシー

医療トピックス[全国版]

日本健康生活推進協会設立2周年記念シンポジウム~人生100年時代の未病ライフと健康リテラシー

医療タイムス 全国版 2018.06.25 No.2356
レポート,特集
高齢社会が進む中、人生100年時代といわれるようになった。今後、健康と病気の間を連続的に変化する生活=未病ライフと、それを支える健康リテラシーの向上が求められる。一般社団法人日本健康生活推進協会は5月24日、設立2周年記念シンポジウムを開催。未病ライフの周知と健康リテラシーの在り方について議論した。

【講演】未病の改善策の基本となる「食」「運動」「社会参加」
【講演】2025年問題を解決する健幸都市という概念
【パネルディスカッション】行政も含めてリテラシーの向上が必要
2356_28P.indd
この記事の完全版は弊社発行媒体に掲載しております。試読・購読をご検討ください。
試読する 最新号から1ヶ月間無料でお届け 購読する 定期購読のお申し込みはこちら
※試読・購読は最新号からとなります。当該の記事につきましては、在庫状況などに応じ、媒体もしくは記事部分のみお届けします。
ページの先頭へ戻る