HOME > 医療トピックス[全国版] > 訪問看護提供体制の推進などを要望 日本看護協会(5/7)

医療トピックス[全国版]

訪問看護提供体制の推進などを要望 日本看護協会(5/7)

医療タイムス 全国版  
ニュース
日本看護協会(福井トシ子会長)は4月27 日、厚生労働省老健局の濱谷浩樹局長に、2019 年度の予算編成に関する要望書を提出した。
要望では、地域で安心と尊厳ある生活を支えていくための看護の体制整備と人材確保に向け、▽訪問看護提供体制の推進(「訪問看護推進総合計画」の策定)▽介護施設などで働く看護職員の処遇の改善▽介護施設・在宅領域における利用者の安全と尊厳を守るための体制整備―の3項目を挙げている。
この記事の完全版は弊社発行媒体に掲載しております。試読・購読をご検討ください。
試読する 最新号から1ヶ月間無料でお届け 購読する 定期購読のお申し込みはこちら
※試読・購読は最新号からとなります。当該の記事につきましては、在庫状況などに応じ、媒体もしくは記事部分のみお届けします。
ページの先頭へ戻る