HOME > 医療トピックス[全国版] > 緩和ケアの現在~がんとの共生を目指して

医療トピックス[全国版]

緩和ケアの現在~がんとの共生を目指して

医療タイムス 全国版 2017.09.11 No.2318
レポート,特集
今年6月、第3期がん対策基本計画がとりまとめられた。そこでは「がんの克服」を目指し、「がんとの共生」が謳われた。緩和ケアも診断時から行うものとして、重要なポジションを占めている。7月に行われた日本ホスピス緩和ケア協会年次大会では、現場からの緩和ケアの姿を報告。病棟だけでの緩和ケアではなく、地域・在宅への広がりを模索した。

■がん対策推進基本計画
がんとの共生を明記 診断時からの緩和ケアの実施
■現場からの緩和ケア
がんとの共生における緩和ケアの役割とは何か
(淀川キリスト教病院緩和医療内科主任部長 池永昌之氏らの講演から)
■日本アルトマーク調査 
緩和ケア関連の診療料算定 500床以上の大規模病院に多い
2318_28P.indd
この記事の完全版をお読みになるには、試読・購読の手続きをしていただく必要があります。
試読する 最新号から1ヶ月間無料でお届け 購読する 定期購読のお申し込みはこちら
※試読・購読は最新号からとなります。当該の記事につきましては、在庫状況
 などに応じ、媒体もしくは記事部分のみでのお届けとなります。
ページの先頭へ戻る