HOME > 医療トピックス[全国版] > 改正介護保険法が成立~世代間の費用負担差も意識

医療トピックス[全国版]

改正介護保険法が成立~世代間の費用負担差も意識

医療タイムス 全国版 2017.06.19 No.2307
レポート,特集
改正介護保険法が成立した。2018年度には診療報酬・介護報酬の同時改定があり、高齢者ケアが総合的に見直されそうだ。利用者負担の適正化など、世代間のギャップも意識した内容になっている。
また新たな介護保険施設として創設される介護医療院の動向からは目が離せない。介護療養病床からの転換施設としてだけではなく、稼働率の低い一般病床からの転換もありそうだ。また病院に有料老人ホームを併設する新たなサービスも、今後決まってくる施設基準や介護報酬によっては、参入が増えそうだ。すでに介護給付分科会では介護報酬改定の具体的な議論がはじまっており、診療報酬改定と合わせて注視したい。

■介護医療院の創設を含めた改正介護保険法が成立
・改正法の主な内容
・介護給付分科会の議論から
・介護保険制度改正の変遷
2307_28P.indd
この記事の完全版をお読みになるには、試読・購読の手続きをしていただく必要があります。
試読する 最新号から1ヶ月間無料でお届け 購読する 定期購読のお申し込みはこちら
※試読・購読は最新号からとなります。当該の記事につきましては、在庫状況
 などに応じ、媒体もしくは記事部分のみでのお届けとなります。
ページの先頭へ戻る